痛みが出る前に虫歯を治療しましょう

歯が痛くなってから歯医者に行き、「虫歯」と診断された方はたくさんいらっしゃるかと思います。しかし、誤解していただきたくないのは、「痛くなった=虫歯になった」ではないということです。虫歯は、ある程度進行した段階で痛みが出るからです。つまり、痛みが出る以前から虫歯にはなっているケースも多々あります。
以下では、痛みが出る前の虫歯の進行段階と症状、歯を削る量、通院回数をご紹介します。痛みがない方も油断せず、一度チェックしてみてくださいね。

虫歯の進行段階と通院回数

C1 エナメル質の虫歯(治療回数:1回)

症状

歯が白く濁ってきます。痛みもなく見た目も大きな変化がないため、ご自身で見つけるのは困難です。定期検診で見つかる場合がほとんど。

歯を削る量

虫歯に冒された部分のみを削り、詰め物を入れます。小さい虫歯であれば、麻酔なしでの治療もできます。
C2 象牙質の虫歯(治療回数2~3回)

症状

冷たいものや甘いもの、熱いものがしみます。

歯を削る量

虫歯の部分以外にも、被せ物を入れる厚みを確保するため、虫歯に冒された部分を1~2mmほど削る必要があります。
C3・C4 神経・歯髄の虫歯(治療回数4回~)

症状

違和感やズキズキした痛みが出ます。気になったら、早めに歯科医院で診てもらいましょう。

歯を削る量

被せ物を入れるため、歯の神経を取り除くために、歯を削る量が増えます。

※通院回数はあくまで目安とお考えください

このように、進行するにつれて症状は悪化し、歯を削る量が増えていきます。虫歯になっても被せ物をすればいいと思われがちですが、ご自身の歯に勝るものはありません。当クリニックでもできるかぎり歯の量を削らずに済むような虫歯治療を行っていますので、歯を保ちたい方、あるいは歯を削るときの音が苦手な方も安心してお越しください。

事故などでケガをしたわけでもないのに、歯が痛む場合は虫歯かもしれません。痛みが出てからでは、歯を削る量や通院回数が増えてしまいますが、出る前であれば歯を削る量も抑えられ、通院も1回で済みます。

  • PAGE TOP

虫歯より怖い?歯周病

虫歯予防をされている方も多いかもしれませんが、歯周病についてはどうでしょうか? 実は、歯周病は虫歯以上に気をつけなければいけない病気。なぜなら、歯周病は歯をなくす原因の第1位だからです。歯周病は虫歯のように痛みが出ることが少なく、気づかないうちに進行していくため、沈黙の病気ともいわれています。

悪化させてしまうと治療に時間がかかったり、悪化して放置した場合には歯が抜け落ちてしまったりするケースもあります。そうなる前に、定期検診や予防処置で歯周病を防ぎましょう。

  • PAGE TOP

虫歯も歯周病も定期検診で発見・予防できます!

虫歯も歯周病も、初期の段階で自覚するのは難しい病気。早期発見・早期予防のためには、違和感や痛みなどがなくても定期検診に通うことが大切です。早く発見できれば簡単な処置で済み、治療費も抑えられます。また、通院の手間や時間も最小限になります。

毎日のブラッシングなどのホームケアだけでは、どうしても虫歯や歯周病は防ぎきれません。ぜひあわせて定期検診にいらしてください。

関内歯科クリニックの予防メニュー

ブラッシング指導

歯並びや利き手、年齢などを考慮して磨き残しやすい部分を中心に適切なブラッシング方法をレクチャーします。毎日のブラッシングにお役立てください。また、必要に応じてデンタルフロスなどの使い方もお教えしています。使い方が知りたい方はお気軽におたずねください。

PMTC

PMTCとは、歯科医師・歯科衛生士が行う歯のクリーニングのことです。ブラッシングでは落としきれない汚れをキレイに除去できます。クリーニングなので痛みはありませんので、安心してお受けいただけます。

フッ素塗布

虫歯への抵抗力を高めるフッ素を歯に塗って虫歯を予防する処置です。フッ素は食べ物にも含まれるとても安全な成分ですので、ご安心ください。

まずはご相談からお気軽にどうぞ!関内歯科クリニックへのご相談、ご予約はこちらから