乱れた歯並びは全身にも悪影響をおよぼす?

矯正治療を希望される方のほとんどは、矯正治療で歯並びを整えて口元の見た目を改善したいといった理由で来院されます。もちろん、見た目をキレイにすることも治療の目的のひとつですが、矯正治療の最大の目的は「咬む機能の回復」です。

歯並びが悪いと咬み合わせが乱れて、ものを咬みづらくなるほか、さまざまな悪影響をおよぼします。

乱れた歯並びが引き起こす悪影響

  • 食べカスが溜まりやすくなる
  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 発音がしづらくなる
  • 見た目にコンプレックスを持つことがある
  • 十分に咀嚼ができず胃腸に負担がかかる
  • 顎への負担が大きく顎関節症を引き起こしてしまうことがある
  • 頭痛や肩こりになりやすい
  • 視力低下の原因になることもある

PICK UP 咬み合わせと顎関節症の関係

咬み合わせの位置は永久歯が生えそろった時点で決まるのですが、このときに下顎の位置がズレていると、顎関節症のリスクが高まるのです。

顎関節症についてくわしくはこちら

「歯の矯正」と言うと、子どもが受けるイメージがあるかもしれませんが、矯正治療は大人になってからでも受けられます。咬み合わせの乱れは、不調の素です。気になる方は、横浜の関内歯科クリニックまでご相談ください。

お子さんの歯並びが気になる方へ

お子さんの歯が乱れる原因は遺伝などもありますが、多くは後天的なものだといわれています。特に歯が乱れる原因として、悪癖があります。

お子様にこのようなクセはありませんか?

以下のようなクセがある場合は、改善させてあげましょう。クセが直らない場合や、治療が必要と判断された場合は当クリニックまでご相談ください。

指しゃぶり
指しゃぶり
頬杖
頬杖
唇を咬む
唇を咬む
丸飲み
丸飲み
歯ぎしり
歯ぎしり
爪を咬む
爪を咬む

まずはご相談からお気軽にどうぞ!関内歯科クリニックへのご相談、ご予約はこちらから