顎の違和感・痛みは顎関節症のせい?

顎が鳴る……口を開きづらい……口を開けると顎が痛い……

このような症状が出ていたら、それは顎関節症のサインかもしれません。

顎関節症とは?

顎関節症とは、顎の関節の周囲に違和感や痛みなどの症状をともなう慢性的な病気です。顎に違和感があるだけだからと放置する方が多いのですが、放置して悪化すると痛みが出て会話や食事がままならなくなるほど、重症化してしまうケースもあります。

以下に、顎関節症のチェックシートをご用意しました。当てはまる項目が多い方ほど、顎関節症の可能性が高くなります。また、原因にもクセや被せ物など複数のものが考えられますのであわせて確認してみましょう。原因を知ることが適切な治療を行う第一歩になります。

顎関節症チェックシート

最近、大きなストレスを感じることがあった 歯ぎしりを指摘された 頬杖をつくクセがある
合っていない被せ物をしばらく使っている うつ伏せで寝る 片側の顎ばかりでものを噛んでしまう
歯並び(咬み合わせ)が悪い うつ病を患っている 不眠症である
猫背だ 厳しいノルマを科せられた仕事をしている 食事や会話をすると顎が疲れる
顎を動かすと痛みがある 咬んだときに、耳の周辺が痛くなる 大きなあくびができない
指3本を縦にした状態で、口の中に入れられない 咬んだときに、耳のまわりでシャリシャリと音が鳴る 頭痛や肩こりがひどい

上記チェックシートで当てはまる項目が3つ以上ある方は顎関節症の可能性があります。
検査を受けることをおすすめします。

今すぐできる!顎関節症の症状を抑える方法

顎関節症の疑いが強い方には、おうちでできる顎関節症の症状を抑える方法を参考にしてください。

  • 硬い物より、できるだけやわらかい物を食べる
  • 氷水やアイスパック(保冷剤)をあてる
  • 肩・首・顎のストレッチ体操や少し強めのマッサージをする
  • PAGE TOP

関内歯科クリニックの顎関節症治療

横浜の関内歯科クリニックでは、顎関節症の治療を行っています。顎関節症の原因の多くは、筋肉の緊張やコリですので、肩や首のストレッチやセルフマッサージの方法をレクチャーします。なお、日頃から姿勢が悪い方には正しい姿勢の作り方の指導なども行います。

なお、重症の患者さんには、筋膜マッサージ療法(自費治療)をご提案しています。顎が痛くて口がほとんど開かない方でもあきらめずにご相談ください。

まずはご相談からお気軽にどうぞ!関内歯科クリニックへのご相談、ご予約はこちらから